トップページ | チベットについていろいろ・その1 »

2014年4月30日 (水)

過去エントリを削除しました

 小生の別ブログ『ストーカーねえ?。ヘイトスピーチが問題じゃなかったんだ?』(http://d.hatena.ne.jp/bogus-simotukare/20140430)に書きましたがチベット研究者「W大学教授」某女史から削除要請が来ましたので「面倒ごとはこりごり」ということですぱっと削除しました。
 ヘタレ過ぎる?。まあ、そうですね。ただ小生、あの方と正直関わり合いになりたくないので。
 小生は以前は「ヘイトスピーチに恐怖を感じる(某女史)」とのお話だったので、「ヘイトスピーチなどしないように気をつけて批判することにした」のですが今度は「ストーカー」呼ばわりです。ま、でも「ヘイトスピーチ」と呼ばれなかったのは幸いではありますが。
 どうも「一度ヘイトスピーチをした奴はいかなる形でも私についてネットに書くな、そういうのはストーカーと見なす、私は激しい恐怖を感じてるんだ(某女史)」だそうです。
 正直「某女史が非難する中国の言論抑圧」と某女史の振るまいと何が違うのかさっぱりわかりませんが、某女史的には「正当な言論を削除する中国は不当だが、ボーガスの不当な言論を全削除させる私の行為は当然の権利だ」とでも思ってるんでしょう。
 要するに「ボーガスが何を言おうと明らかなヘイトスピーチ、デマ中傷でない限り何とでも言えばいい。第三者が私が正しいと判断してくれるはずだ」という気持ちは某女史には一切ないんでしょう。
 正直「お前なんか相手できるか」という対応は過去に何度かありますが、某女史のように「いきなり削除要請」て人は珍しいですね。まあ、あの方に何か言っても今後は「ストーカー呼ばわりされるだけ」ということがわかりましたので、以後はあの方には触れません。『ストーカー呼ばわりするから触れない』というのも一つの批判ではあるかなと思います。
 「え、あの程度でストーカー呼ばわりなの?」という某女史への批判をもつ方も多少はいることを期待しておきます。
 まあ、よほど性格が合わないと、あるいは「性格の合わない人間でもポーカーフェイスでつきあえる人」でないと、あの方とはつきあえないだろうな、俺はリアルであの方に会っていたらもっと恐ろしいことになったかも、とだけ書いておきましょう。旦那さんとかゼミ生は性格が合うんでしょうねえ。
小生はココログは「某女史批判」を主に書いていくつもりだったのでまあ、今後はココログに書く分量がかなり減るかとは思います。

トップページ | チベットについていろいろ・その1 »

もめごと」カテゴリの記事

チベット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022970/56003332

この記事へのトラックバック一覧です: 過去エントリを削除しました:

トップページ | チベットについていろいろ・その1 »