« 未だに「安倍さんのおかげでトフティ・チュニヤズさんは釈放された」という某女史(追記あり) | トップページ | すごく男らしくないことを書く(その2) »

2014年7月19日 (土)

すごく男らしくないことを書く(その1)

(その1)
まあ、以前「某女史のツィート、エントリはネタにしない」と約束した分際でこういう事書くのは男らしくないんだけどさ。
某女史のツィートを見てて心の底から呆れて脱力したので突っ込む。引用すると発狂する人だから要約するけど

(要約)
1)ウクライナのマレーシア航空撃墜事件で一部の陰謀論者が、ツィートやブログで「打ち落としたのはウクライナでウクライナびいきの米国がロシア民兵に罪をなすりつけてるに違いない」と言ってて呆れた。
2)私は歴史学者としてこうした「根拠のない誹謗」には脱力する。アメリカ嫌いだからって言う事がおかしい

だってさ。
俺の方が「えええ?。中国嫌いこじらせて、根拠レスで『沖縄に米軍がないと中国が侵略したかも知れない』と陰謀論を放言する人がそういう事言っちゃう?」と呆れて脱力した。
 「陰謀論じゃないまともな人間」、つまり「某女史以外の人」がした発言なら何の問題もない発言なんだけどね。

参考
ライプツィヒの夏『石濱裕美子のブログ記事がひどい』
http://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/934d9337690a36ae6111198cb3bc3ad2


(その2)
 まーた、某女史のツィート&エントリをネタにするという男らしくないことをしてしまう、俺ですよ。
 で今回のネタは某女史には珍しく、チベットではなく「徳川美術館の不祥事」。
 何でも某女史の学者仲間から「こんな酷い話がありますか!。I先生も支援にご協力を!」と言われ賛同した女史も「徳川美術館批判」にツィート&ブログで貢献してるわけです。
 ではその不祥事とは何なのか。マスコミ報道もされましたのでそれを引用しましょう(女史のエントリやツィートを引用するという危険行為は勿論しません)。
 要するに
1)「管理部長のセクハラを訴えてもまともに取り合わないので怒った女性職員が徳川美術館&管理部長に民事訴訟を提起」
2)「裁判沙汰になっても管理部長をかばい続け処分もしない徳川美術館を批判し女性職員を支援する運動が広がる」
3)「我らがI女史も支援運動への共感をツィートとブログで表明し、徳川美術館を厳しく批判(今ここ)」というわけです。こういうまともなエントリ&ツィートなら誰も某女史を批判しないんですが。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140612/crm14061215490012-n1.htm
■産経新聞『徳川美術館の管理部長がセクハラか、女性職員2人、労働審判申し立て』
 徳川家康の遺品などを収蔵、展示する徳川美術館(名古屋市東区)の女性職員2人が、男性管理部長(60)からセクハラやパワハラを受けたとして、美術館を運営する財団法人「徳川黎明会」に対し、計400万円の損害賠償を求める労働審判を名古屋地裁に申し立てていたことが12日、関係者への取材で分かった。
 関係者によると、女性職員2人は管理部長が2人の体に触ったり、デートに誘って断られると「業務命令だ」と威圧したりしたと主張。
 徳川黎明会が職場環境の改善に取り組まなかったと指摘している。
 徳川黎明会は「申立書が届いていないので詳細を把握できていない。今後、対応を検討していきたい」としている。管理部長は「やっていない」と否定している。2人がセクハラやパワハラを受けていたという内部通報はなかったという。
 徳川美術館は1935年開館。尾張徳川家に伝わる国宝9件、重要文化財59件などを収蔵している。


(その3)
 某女史のツィートを今日はネタにする。「某女史のツィートをネタにしない」と言う約束を破るのは良くないことだと自分でも思うが「某女史が中国ネタだと目が思い切り曇ること」がよく分かるツィートなのであえてネタにする。
 「約束を破ったのは嘘つきだ」と言う批判は甘受するが、「理由があって破ったのだ」「あくまでも例外措置」と言うことはお断りしておく。今後も基本的には「約束は堅持する」つもりである。

3万人が協力したなら、これ、テロという言葉で表現する事態を越えているんじゃないの?
「新疆で暴徒9人射殺=「住民3万人が協力」と報道―中国(時事通信) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140801-00000160-jij-cn
(以上、某女史ツィート)

さてこの女史ツィートだが「3万人が暴徒に協力したならこれ、テロという言葉で表現する事態を越えているんじゃないの?」としか理解できないと思う(それ以外に理解可能ですよという方がいたら是非コメント欄でご指摘下さい)。
しかし実際は

警察当局は1日になり、情報を聞き駆け付けた3万人以上の住民と協力し、暴徒を包囲、拘束しようとした。(時事通信記事の一部引用、もちろん元ネタは中国政府の公式発表)

のであり「3万人が協力した」のは「警察の暴徒逮捕」なのである(3万人が協力というのが事実なのか、事実だとしてどういう協力なのかはこの記事だけでは分からないが)。
 女史が「記事を読まずにタイトルだけで脊髄反射したこと」は間違いないように思う。

【2014年9/4追記】
まあ、Mukkeさんが何か良く訳のわからないブクマをこのエントリにつけてますが勝手にしろよって思う。とは言えむかついたので「オウム麻原の犬ダライを褒めるバカは黙れ」みたいなブクマで悪口雑言しちまいしましたが。俺も本当に大人げないな。しかし女史にせよMukkeさんにせよ他の人にせよ「オウム真理教から現金もらって恥じない男ダライ」を「日本の事情を知らなかったんだから仕方がない」の一言で免罪して崇拝できるって信じられませんね。 どれほどダライに甘いのか。

« 未だに「安倍さんのおかげでトフティ・チュニヤズさんは釈放された」という某女史(追記あり) | トップページ | すごく男らしくないことを書く(その2) »

チベット」カテゴリの記事

コメント

どうも、拙記事のご紹介ありがとうございます。

>私は歴史学者としてこうした「根拠のない誹謗」には脱力する。アメリカ嫌いだからって言う事がおかしい

まあこの内容自体は、まともですけどね。中国とその他では頭が曇るかどうかわかりませんが、Mukkeとかいう人も、ほかでは結構まともなことを書いているのですが、チベットとかになるととたんに頭が曇るみたいですからそれと同じですかね。それもどうかです。

>陰謀論

教授は

>歴史学者

としても、文化史とかチベット仏教とかに詳しい人間で、チベットと中国の特に近現代史や政治史なんかは特に専門家じゃないみたいなんだから、それこそ「専門家だからどうしたこうした」とかほざく誰かさんは、彼女の不用意な発言は批判するほうがいいかなと思いますが、それを誰かさんに要求するのはできない相談です。まああの人も、プンワンも知らなかったわけで、そんなにえらそうなことを言えたものではありません。たぶん政治史とかには詳しくないんでしょう。それでアイヌの誰かも知らない・・・なんて偉そうなことを言うのは、私みたいな根性の悪い人間に馬鹿にされるからやめた方がいいよね。

Bill McCrearyさん
>まあこの内容自体は、まともですけどね。中国とその他では頭が曇る

某女史について言えば文字通りそうなんでしょうね。

>チベットとかになるととたんに頭が曇る

チベット非難を何一つ批判しない人ですからね

>「専門家だからどうしたこうした」とかほざく誰かさんは、彼女の不用意な発言は批判するほうがいいかなと思いますが、それを誰かさんに要求するのはできない相談です。

そうなんでしょうね。どう見ても身びいきにしか見えませんし、実際身びいきでしょう。

>まああの人も、プンワンも知らなかったわけで、そんなにえらそうなことを言えたものではありません。たぶん政治史とかには詳しくないんでしょう。それでアイヌの誰かも知らない・・・なんて偉そうなことを言うのは、私みたいな根性の悪い人間に馬鹿にされるからやめた方がいいよね。

プンワンを知らないと公言したというのは正直ちょっと意外でしたね。

どうも、無事に帰国できたので、またコメントをいたします。

>3万人が協力したなら、これ、テロという言葉で表現する事態を越えているんじゃないの?

こちらにもその件の記事がありましたね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140802-00000027-mai-cn&pos=5

> 中国版ツイッター「微博」では、「現実に3万人が数人を追跡するのは無理だろう」などと当局側の宣伝に疑問を示す意見も書き込まれている。

私も3万人という数の信ぴょう性はどうかと思いますが、これは教授も早とちりがすぎますね。ていうか、マジで3万人が暴動を起こしたっていうのなら、これはちょっとやそっとの報道量では済まないでしょうにね。まあ安倍の記事同様訂正を入れるかもだし、入れたほうがいいでしょう。

>どうも、無事に帰国できたので、またコメントをいたします。

いやいつもありがとうございます。

>3万人という数の信ぴょう性はどうかと思いますが、これは教授も早とちりがすぎますね。

ですよねえ。まああの人だと「ああまたか」と言う感情しかないですけど。Mukkeさんと違って俺あの人を人間としてはほとんど評価してませんので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022970/56838140

この記事へのトラックバック一覧です: すごく男らしくないことを書く(その1):

« 未だに「安倍さんのおかげでトフティ・チュニヤズさんは釈放された」という某女史(追記あり) | トップページ | すごく男らしくないことを書く(その2) »