« 義援金なら中朝も送ってるんですけどね、アホのI浜さん | トップページ | I濱女史のチベット小説書評に吹いた »

2015年5月 6日 (水)

今日もI濱女史に突っ込む(2008年北京五輪)

 今日も女史のブログに突っ込んでみましょう。

日本においては当初善光寺が聖火リレーの出発場所になっていたが、辞退したため、リレーの出発地点はただの空き地となった。リレーのスポンサーも次々と降りてナシとなった。
 危機感を感じた中国人たちは、聖火リレーの当日バスをしたてて長野に集結し、リレー当日、普段は静かな市内は大量の中国人と五星紅旗で真っ赤に染まったのであった。この際、留学生組織が長野へ集結するようによびかけを行い、華僑のお金持ちがかなりの寄付をしてバス代を支援し、さらに、中国大使館は旗などを寄付した。
(中略)
愛国は自分と自分の国家しか見えなくなる麻薬なのだ。

 「はあ?」ですね。「南京事件否定論、河野談話否定論を唱える日本の自称愛国者(例:産経)」「自分の意見と違う個人、団体(例:朝日、岩波、共産党、社民党、日教組など)をためらいなく売国呼ばわりする日本の自称・愛国者」のほうがよほど「愛国は自分と自分の国家しか見えなくなる麻薬」に該当すると思いますが。
 まあ、そう言う自称愛国者と同レベルのバカが女史なんでしょうけど(毒)。
 聖火リレーに在日華僑が協力する程度の事が何が麻薬なのか。反中国をこじらせたチベットキチガイはここまであほなことを言うようになるわけです。

ついでに言えば、組織もなにもなく自然意志で自腹でやってきた数少ないチベット支援者たちは、季節外れの寒さにふるえつつ小さな公園に集められてそこから出るなと日本の警察にいわれたのであった(笑)。

 「聖火リレー襲撃でけが人発生」なんかやらかされた日には中国の猛抗議で最悪、警察トップ(警察庁長官)の首が飛びかねませんからね。まあ当然の対応でしょう。

あれから七年。時のたつのは早い。 チベットの状況は微塵も改善しないどころか、悪化の一途である。国境の取り締まりがきつくなって亡命者は激減しており、行き場をなくしたチベット人の抗議の意は焼身抗議という形になって現在まで続いている。

 まあそういうことです。「ダライ猊下は国際社会に支持されてる」と強弁する女史ですが今回は思わず本音が出てしまったようです。なお焼身自殺を絶対に「焼身自殺」と言わず「焼身抗議」と呼ぶのはチベットキチガイの特徴です。
最後にI濱エントリコメ欄の指摘。

先生が仰った「危機感を感じた中国政府は、聖火リレーの当日バスをしたてて中国人留学生を長野に送り込み」は事実ではないです。毛沢東の「調査しないと、発言権がない」という名言を先生に贈りたいと思います。
(中略)
特に先生は研究者ですから、(中略)あてにならない噂をそのまま使うのは禁物です。

 まーた「反中国では怪しい噂でも平気で書いちゃうI濱女史」のキチガイぶりが発揮されました。
1)このコメントを削除しなかったこと
2)このコメントに従い「バスを中国が仕立てた」と言う記述は削除したこと
は評価できますが
「でも中国政府(駐日中国大使館)は旗(応援用の中国国旗の小旗)は提供したし、バスを仕立てた在日華僑は中国とつながりがあるんだから全く無関係とは言えない」とみっともない言い訳する辺りはさすが女史です。

●「読売新聞」2008.04.20 聖火リレー 中国人留学生応援へ 2000人以上、「法律従い平和的に」=長野
26日に長野市で行われる北京五輪聖火リレーに合わせ、中国人留学生で作る全日本中国留学生学友会(李光哲会長)が2000人以上で現地入りし応援しようと呼びかけている。
(中略)
 「応援後は、日本文化の代表である善光寺を見学したい」という要望も多かったが、同寺が出発地を辞退したことで、「もう行きたくない」という声が多く寄せられ始めたという。

 聖火リレー辞退なんて失礼な事をすればそう言う反発が出るのも当然でしょう。当たり前の話です。

« 義援金なら中朝も送ってるんですけどね、アホのI浜さん | トップページ | I濱女史のチベット小説書評に吹いた »

チベット」カテゴリの記事

残念な人たち」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ダライラマですが、また最近おかしなことを言いだしたようで。
http://www.thesundaytimes.co.uk/sto/news/world_news/Asia/article1557049.ece
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1505/22/news091.html
女性はともかく、なんで金髪?黒人とかインド系ではご不満なようですね。やっぱ「博愛手帖」さんが言うように、セレブにちやほやされたい西洋かぶれ(白人至上主義)じゃないでしょうか、この人。
http://hakuainotebook.blog38.fc2.com/blog-entry-78.html

近畿の野次馬さん
 まあ、「ブロンドがどうこう」言ってるダライという男が「欧米人にこびへつらうことが習い性になってる愚人であること」は間違いないでしょうね。

まあciaから金もらってたし欧米崇拝者なんでしょうね
ラマは

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022970/59892505

この記事へのトラックバック一覧です: 今日もI濱女史に突っ込む(2008年北京五輪):

« 義援金なら中朝も送ってるんですけどね、アホのI浜さん | トップページ | I濱女史のチベット小説書評に吹いた »