« やはり中国を異常なまでに敵視しているネトウヨ女・I濱 | トップページ | やはり朝日新聞が嫌いらしいウヨのI濱女史 »

2016年1月13日 (水)

I濱エントリ「センゲ首相の来日」

私が中国を恐れない理由は三つあります。
1 かつてはチベット(古代チベット)が中国の都を占領し、今は中国がチベットを占領しています。これまでの長い歴史の中でチベットと中国はそのような状況を繰り返してきました。今もそのような歴史の一部を見ているに過ぎないからです。

 女史が紹介するチベット亡命政府首相の来日スピーチです。
 やれやれですね。チベットが中国を占領って「吐蕃(7~9世紀)」という超大昔の事じゃないですか。
 「繰り返してきた」てチベットが「軍事大国、経済大国的な意味」で羽振りが良かったのって「吐蕃(7~9世紀)」の頃だけでしょうよ。繰り返しなんかどこにもない。
 大体、こんなことを言ったら「我々モンゴルはどこの国も怖くない、なぜならチンギスハーンの時代は大帝国だったからだ」とか「我々スペイン(ポルトガル)はどこの国も怖くない、なぜならいわゆる大航海時代は我が国は世界に冠たる大国だったからだ」なんて事も言えますが、そんな事言ったて空しいだけです。
 つうか長い歴史で言えば「アヘン戦争以降、欧米や日本の侵略を受けてた頃」「新中国建国後、経済建設がうまくいかなかった頃」を除けば、中国は「辺境の地・チベット」とは違い、ほぼ全ての時代で「世界に冠たる大国」だったわけです。

2 法王がつねづねおっしゃっているように、我々は事実に基づいて戦っています。長い歴史の中で、必ず、正義は不正義に勝ち、非暴力は暴力にかち、自由は不自由に勝ってきました。いずれ正義は勝ちます。

 ここだけ取り上げればまあ、「美しい言葉」ですが、日本ウヨと野合して恥じないチベット亡命政府連中(ダライラマ一味)に「正義など語る資格」はかけらもありません。偉そうな事を言うならたとえば「ペマギャルポがチベット関係者面(まあ日本に帰化したとはいえ元チベット人ですが)しながら、南京事件否定論、河野談話否定論などのデマを流すことを批判しろよ」と思いますが、まあ批判しない、できないでしょう。
 なぜならダライ一味は「正義だの非暴力だの」全く信じてないからです。信じてないから「ペマが不正義に荷担してチベットの日本国内での評判を落としてること」を何とも思わない。
 「不正義でも強者ならつきあった方がお得」「今の総理は南京事件否定論とかに近い考えジャン」「歴史修正主義への荷担で、日本国内の歴史学者に批判されたって構わない」つうのがダライ一味なのでしょう。ダライ一味の偽善者ブリには反吐がでます。
 もちろん我らがI濱女史らも「そうだ、チベットは正義の側だ」と与太飛ばすだけで、チベットの不正義を正そうとはしないわけです。
 大体「CIAの支援でゲリラ戦やってた連中」が「非暴力は暴力に勝ちます」とは何かの冗談でしょうか。

チベット仏教の歴史は2500年ですが、中国共産党の歴史はたかだか100年です。

 やれやれですね。歴史が長いから偉いわけでもないし、短いからくだらないわけでもない。そんな事を言ったら中国だって「儒教の歴史」とかいくらでも古いもんを持ち出せるでしょう。チベット仏教の歴史は2500年つうのもおそらく「インド仏教から数えての歴史」であって実に眉唾もんです。ウィキペ「チベット仏教」「ダライラマ」から考えるに「チベット仏教が今の形で確立した=ダライラマ制度が確立した」のは17世紀初めのようですから「2500年」なんて「だぼら」「デマカセ」もいいところです。
 そもそも「元王朝時代から中国のチベット支配は始まっている」、つまり「中華人民共和国になってからチベット支配は始まったわけではなく」、当然ながら「中国共産党が下野したところでチベットが独立できるとも思えない」のになんで「中国共産党の歴史云々」と言い出すのか。

同化が進もうが、チベット人はチベット人です。漢人カップルもチベット高原で子供を生みますが、チベット人夫婦から生まれた子供より死亡率が高いことが研究の結果分かっています。漢人の遺伝子が高地に馴化するまで500年はかかるとのことです。

 まあ実にうさんくさい話ですね。「科学が発展した今時」高地だからと言ってそこまで死亡率に如実な差なんか出るんでしょうか。
 それが事実なら、中国人もいずれは「こんな住みづらい土地はごめんだ」といって出て行くでしょうから「自然に中国人もいなくなる」んじゃないですかね。ダライ一味が運動する必要は全くないわけです(勿論皮肉で言ってる)。

ソ連が崩壊することは誰も予測していなかったのに、ソ連は崩壊しました。
マンデラが23年もの間、牢獄入れられている時、彼が南アフリカの大統領になることを誰が予測していたでしょうか。
五年前にアウンサンスーチーさんが町中を歩くなんて考えられたでしょうか。

 やれやれですね。そういうことを言ったところで意味はないでしょう。すべきことは「どうチベットの現状を変えていくか」ですがまあ、こういう事しか言えないんだからダライ一味には展望も何もないのでしょう。

ダライラマが本来の座であるポタラ宮にお帰りになることがないとは誰がいえましょうか。
この次はチベットで、この次はラサでお会いしましょう。

「ラサで会おう」はともかく「ダライの帰国」なんてもはやあきらめてるだろうによくもまあほらを吹きます(苦笑)。それとも「今のダライ14世の生まれ変わりであるダライ15世や16世の時代には戻れるかも知れない」つう話でしょうか。

【追記】

 http://jinf.jp/news/archives/17902

ロブサン・センゲ中央チベット政権内閣主席大臣は1月13日、衆議院第1議員会館特別室で、国家基本問題研究所の櫻井よしこ理事長をはじめ企画委員らと、現在進行しているチベットをめぐる様々な取り組みについて意見交換した。

「正義」云々などと偉そうな事を言いながら「南京事件否定論」などデマを垂れ流す「不正義集団」国基研とつきあって恥じないのだからダライ一味には心底呆れます。ダライ一味には「くたばれよ、カス野郎」以外に送る言葉はないですね。

« やはり中国を異常なまでに敵視しているネトウヨ女・I濱 | トップページ | やはり朝日新聞が嫌いらしいウヨのI濱女史 »

チベット」カテゴリの記事

反中国バカ」カテゴリの記事

残念な人たち」カテゴリの記事

コメント

>ソ連が崩壊することは誰も予測していなかったのに、ソ連は崩壊しました。
マンデラが23年もの間、牢獄入れられている時、彼が南アフリカの大統領になることを誰が予測していたでしょうか。
五年前にアウンサンスーチーさんが町中を歩くなんて考えられたでしょうか。

大きな違いがあります(笑)。マンデラとアウンサンスーチーは南アフリカとミャンマーから逃げませんでしたが、ダライ・ラマは逃げました(爆笑)。

まあマジ論をすれば、ダライ・ラマがチベットを逃げなかった方が、よっぽどマシだったでしょうね。ダライ・ラマも人の子ですから、別に「お前が自殺していれば、中国によっぽどダメージだったろ」なんていう気もありませんけど。でも誰かさんの知らなかったプンワンやパンチェンのような立場で活動できればそっちの方がよっぽどマシだったでしょう。

>ダライラマが本来の座であるポタラ宮にお帰りになることがないとは誰がいえましょうか。
この次はチベットで、この次はラサでお会いしましょう。

残念ながらないですね(笑)。そのための具体的な動きも特にしていないでしょう。本当に帰還するのなら、それは中国側にダライ・ラマが全面降伏した時です。

>ロブサン・センゲ中央チベット政権内閣主席大臣は1月13日、衆議院第1議員会館特別室で、国家基本問題研究所の櫻井よしこ理事長をはじめ企画委員らと、現在進行しているチベットをめぐる様々な取り組みについて意見交換した。

わはははは。例によってお休み中の誰かさんは、こう言う連中しか付き合ってくれないんだといって擁護するんでしょうね。何をいまさらながらどうしようもない馬鹿でクズです。

Bill McCrearyさん
>まあマジ論をすれば、ダライ・ラマがチベットを逃げなかった方が、よっぽどマシだったでしょうね。

 実際、パンチェンとプンワンは残ったわけですからね。

>誰かさんの知らなかったプンワンやパンチェンのような立場で活動できればそっちの方がよっぽどマシだったでしょう。

 「誰かさん」も良く堂々と「プンワンを知らない」と言えるもんです(苦笑)。

>残念ながらないですね(笑)。

 小生が追記で紹介した「国基研」の記事に寄れば
>今後5年間で言語、文化、宗教、教育などに注力しつつ、50年という長期計画のもとに真の自治を得るため活動する
そうですからねえ(苦笑)。そんな長期計画じゃダライの帰国なんかできるわけもないでしょう。

>わはははは。例によってお休み中の誰かさんは、こう言う連中しか付き合ってくれないんだといって擁護するんでしょうね。何をいまさらながらどうしようもない馬鹿でクズです。

 別にダライ一味にウヨ連中を批判しろとは言いませんのでこういう野合はやめて欲しいですね。つうか「こういうのしかつきあってくれない」てそれチベットが政治的に惨敗してるて事なんですけどねえ。

非暴力は支持しますが、焼身を含めた非暴力は支持できません。焼身は非暴力だからテロとか暴力よりいいだろ、というのは違うでしょう。どちらもダメです。

シルバーストーンさん
>焼身は非暴力だからテロとか暴力よりいいだろ、というのは違うでしょう。

 そもそも自分の体に暴力を加えてる時点で「非暴力ではない」でしょう。かつそれが「非暴力主義から発生した物」と言えるかも疑問です。単に「焼身自殺が戦術として効果的」と言う判断に過ぎないならいつでも「テロなど他人への暴力行為」に変化するでしょう。
 実際ダライらは曖昧にごまかしますが「ダライ亡命時の暴動」や「CIA支援を受けてのゲリラ戦」の過去がダライ一味にはあるわけです。
 お断りしておきますが小生はこうした「ダライ一味の暴力行為を非難している(個人的には問題だと思いますが)」というよりは「過去に暴力行為の前科があるのにそれに口をぬぐって」&「チベット人は平和的だの、チベット仏教は平和的だのデマカセを飛ばす」ダライ一味とその支持者のデマゴーグ性を問題にしています。
 「生まれながらの平和主義者でもなんでもない連中が生まれながらの平和主義者を詐称するな」てことですね。そう言うデマゴーグ集団「ダライ一味」には信頼性が全くおけません。
 まだ「過去のゲリラ戦や暴動が無意味だったと思い、今は平和主義(焼身は平和主義とはいえないと思いますが)で頑張っています」と主張してくれた方が納得もします。
 小生はダライ一味みたいなゲス集団が「宗教集団の仮面をかぶって偽善行為を働くこと」には激しい怒りや憎悪といったネガティブな感情を覚えます。

センゲ首相の
>私が中国を恐れない理由は三つあります。
>1 かつてはチベット(古代チベット)が中国の都を占領し、今は中国がチベットを占領しています。これまでの長い歴史の中でチベットと中国はそのような状況を繰り返してきました。今もそのような歴史の一部を見ているに過ぎないからです。
という発言、麻生太郎がインドで“ウケると思って”日本と中国は有史以来一度も友好的だったためしはない、というようなことを言ったのを思い出します。

闇夜さん
>麻生太郎がインドで“ウケると思って”日本と中国は有史以来一度も友好的だったためしはない、というようなことを言った

そう言えばそんなバカ発言ありましたね。麻生のような男が大臣経験者(小泉内閣総務相、第一次安倍内閣外相、第二次、第三次安倍内閣副総理・財務相など)、首相経験者というのにはげんなりしますね。
 しかし「昔はチベットは中国を占領したんだ(チベット亡命政府首相)」てそれを言うならモンゴルだってチンギスハーンの時代は「中国を占領」したんですけど(苦笑)。
他にも
・大航海時代はスペインが南米に植民地を保有(だからこそ南米の多くの国々の公用語はスペイン語)
・ローマ帝国(今のイタリア)は西ヨーロッパ(フランス、ドイツなど)のほぼ全土を支配
・ロシア帝国は今のウクライナ、ベラルーシなどを支配(まあそれが旧ソ連にそのまま引き継がれるわけですが)
・オスマントルコ帝国は一時は東欧を支配
とかいろいろありますがだからといって、「今の政治情勢などに関係なく」それを理由にモンゴル、スペインやイタリア、ロシアやトルコの将来は明るいなんて言ったら人間性疑われますよね(苦笑)。まあ日本ウヨに受ければいいとかその程度の事しか、このチベット亡命政府首相は考えてないバカなんでしょうけど。

吐蕃の長安占領って言われても、期間を言わないんじゃ話にならんだろと思いますね。中国バッシング多発の日本語版ウィキペディアですらこのざまです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%90%E8%95%83
>763年10月、唐の長安を占領し金城公主(中国語版)の甥・李承宏(中国語版、英語版)を帝位に据えるが、陣中に疫病が流行り唐が反撃に出ると、半月後に長安から撤退した。

>唐が反撃に出ると、半月後に長安から撤退した。

>半月後に長安から撤退した。

で、あんたの演説から半月前、チベットはどこの領土として実効支配されてますかね?チ、じゃねえ、センゲさんよ。

近畿の野次馬さん
>唐が反撃に出ると、半月後に長安から撤退した。

まあチベット側はだぼらも大概にしろって話ですよねえ(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2022970/63445354

この記事へのトラックバック一覧です: I濱エントリ「センゲ首相の来日」:

« やはり中国を異常なまでに敵視しているネトウヨ女・I濱 | トップページ | やはり朝日新聞が嫌いらしいウヨのI濱女史 »