« 野原燐氏のツイートにコメント(2019年4月21日分) | トップページ | 野原燐氏のツイートにコメント(2019年6月4日分) »

2019年5月13日 (月)

野原燐氏のツイートにコメント(2019年5月13日分)

野原燐
‏ 「男系」「男性」にこだわるのが支那思想・又は欧州の思想です。

 「はあ?」ですね。
 「女帝」は中国史において例外的存在(例:則天武后)なので確かにそう言えるかもしれない。しかし「欧州の思想」とはどういう意味なのか。
 「英国のエリザベス女王」「デンマークのマルグレーテ女王」など見ても分かるようにどう見ても「欧州の思想」ではないでしょう。単に野原という男(女帝容認論)が「女帝否定なんて間違った思想は日本古来の思想じゃない!」といいたいだけの右翼だというくだらない話です。

野原燐が田母神俊雄にリツイート
 A級戦犯の悪口を言うなという主張は分かる。しかし彼らが日本を焦土にした(正確には彼らと昭和天皇だが)責任は曲げられない。

 野原にはいつもながら「何だかなあ」ですね。
 まず第一に「日本を焦土にした」て、日本を焦土にしなければいいのか。まあ、「野原に善意に理解すれば」『田母神に日本を焼け野原にした責任以外のこと(例:日本の加害責任)なんか語っても意味がない』つうことかもしれませんが。
 第二に「正確には彼らと昭和天皇」て全然「正確じゃありません」ね。なぜなら「彼らと昭和天皇」以外にも責任のあるものが居るからです。
 じゃあ、戦犯にならなかった
1)敗戦前後に自決した「阿南惟幾(鈴木内閣陸軍大臣)」「杉山元(林、第1次近衛内閣陸軍大臣)」
2)戦死した山本五十六・連合艦隊司令長官
3)GHQに戦犯として起訴されなかった「岡田啓介(田中義一、斎藤内閣海軍大臣)」「米内光政(林、第1次近衛、平沼、小磯、鈴木内閣海軍大臣)」
などには戦争責任はないのか(他にも1)~3)の例はありますが)。
 特に野原に聞きたいのは「起訴されなかった3)」について戦争責任を野原がどう考えてるのか、ですね。
 たとえば岡田や米内が起訴されなかったのは「彼らに戦争責任がないから」ではない。戦前、海軍大臣を歴任した彼らに戦争責任がないわけがないでしょう。彼らが起訴されなかったのは昭和天皇が起訴されなかった理由と同じで「米国にとって彼らに利用価値があったから」にすぎません。
 「野原ってあの戦争について、俺と比べてすら不勉強で無知」としか思えませんね。それとも日本語がまともに使えない「ボキャブラリー貧困」なのか。

« 野原燐氏のツイートにコメント(2019年4月21日分) | トップページ | 野原燐氏のツイートにコメント(2019年6月4日分) »

野原燐」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。