チベット

2016年6月17日 (金)

ダライとオバマの面会(I濱女史ツイッター)

 久しぶりにI濱女史に突っ込んでみましょう。

 オバマさんも任期最終年、議会をきにせず、良い意味で自由にできて、よかった。

 女史もさすがに「オバマが今回会ったのはもう任期がわずかだから」とわかってるようです。

 大統領がダライ・ラマとお会いしたら、なぜ「チベットの独立を支持した」ことになるのかわけわからん。NHK『中国外務省 米大統領とダライ・ラマ14世の会談を非難』http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160616/k10010558971000.html

 つうことで「少なくとも建前では」女史はチベット独立論は支持しないそうです。
 それはともかく、「ペマギャルポ」のような独立を叫ぶ輩がいるのに「チベットは独立論ではない」つうのも極めて形式的な物言いです。

2016年4月10日 (日)

ダライの訪日(I濱女史記事)

 久しぶりにI濱女史に突っ込んでみましょう。

 実は最近(ボーガス注:日本に来日したダライラマの講演)会場に台湾人、華僑、モンゴル人、韓国人の聴衆が増えていて、年々その勢いは増している。
 法王庁のサイトを見ても、今回の法話会は英語・中国語(簡体字・繁体字)・モンゴル語・ハングルと四カ国語で告知されており、通訳もこれらの言語に加えて、ロシア語も入るという。
 なぜ日本が集合場所になっているのかというと、アジアで法王にビザをだせる国力があるのは日本だけだからである(他の国は中国の圧力にびびってだせない)。

 まあ、普通出さないんじゃないですかね。出してもメリットないし。むしろ出す日本の方がおかしいんじゃないか。
 いずれにせよダライ一味が着々と滅亡に向かっているようで非常に愉快です。

このメンバー中に中国人(中国籍チベット人・華僑も含む)が含まれていることに違和感を感じる人もいるかもしれないが、今中国は空前の仏教ブーム。

 仏教ブームは別にいいですが「何でそこでずっと封建社会でド田舎だったチベットなんつう三流社会の宗教が役にたつと思うんだろう。大体仏教の本場はインドだし、中国にも禅宗とかあるのに?」と不思議に思います。

2016年2月 7日 (日)

I濱女史の非科学的な発言に突っ込む

チベットの高僧は、死の直後に精神を仏の境地と同軌させるトゥクダムという状態に入る。この間、意識が完成されるため、遺体は腐敗することはない。この期間は人によっては十日ほど続き、トゥクダムが終わると遺体は荼毘にふされる。

 リンクは張りませんが、女史のブログの一文です。まあ、「空海は今も生きている」みたいな話(http://matome.naver.jp/odai/2137207992066273501参照)であって、「高野山が本気で空海が生きてるとは思ってないのと同様」、さすがに女史も本気ではないでしょうがこう平然と「チベットの高僧(ダライとか)は死後もしばらくは遺体は腐らず、人によってはその状態が10日間続く」とか言われてもねえ(苦笑)。
 高僧だろうと俺のような「不信心者」だろうと死ねば腐敗するわけです。「不信心者は早く腐敗し、高僧は遅く腐敗する」なんつうことはない。遺体がどのくらいで腐敗するか知りませんが、まあ、防腐処理をしなければどんどん腐敗は進むでしょうね。「10日も腐敗しない」なんてあるわけがない。
 まあ、こういう事書くと例のMukkeさんは「そんな事を言ってチベット関係者をバカにして、お前は何か嬉しいのか!」などと怒り出すのかも知れませんが。
 

2016年1月13日 (水)

I濱エントリ「センゲ首相の来日」

私が中国を恐れない理由は三つあります。
1 かつてはチベット(古代チベット)が中国の都を占領し、今は中国がチベットを占領しています。これまでの長い歴史の中でチベットと中国はそのような状況を繰り返してきました。今もそのような歴史の一部を見ているに過ぎないからです。

 女史が紹介するチベット亡命政府首相の来日スピーチです。
 やれやれですね。チベットが中国を占領って「吐蕃(7~9世紀)」という超大昔の事じゃないですか。
 「繰り返してきた」てチベットが「軍事大国、経済大国的な意味」で羽振りが良かったのって「吐蕃(7~9世紀)」の頃だけでしょうよ。繰り返しなんかどこにもない。
 大体、こんなことを言ったら「我々モンゴルはどこの国も怖くない、なぜならチンギスハーンの時代は大帝国だったからだ」とか「我々スペイン(ポルトガル)はどこの国も怖くない、なぜならいわゆる大航海時代は我が国は世界に冠たる大国だったからだ」なんて事も言えますが、そんな事言ったて空しいだけです。
 つうか長い歴史で言えば「アヘン戦争以降、欧米や日本の侵略を受けてた頃」「新中国建国後、経済建設がうまくいかなかった頃」を除けば、中国は「辺境の地・チベット」とは違い、ほぼ全ての時代で「世界に冠たる大国」だったわけです。

2 法王がつねづねおっしゃっているように、我々は事実に基づいて戦っています。長い歴史の中で、必ず、正義は不正義に勝ち、非暴力は暴力にかち、自由は不自由に勝ってきました。いずれ正義は勝ちます。

 ここだけ取り上げればまあ、「美しい言葉」ですが、日本ウヨと野合して恥じないチベット亡命政府連中(ダライラマ一味)に「正義など語る資格」はかけらもありません。偉そうな事を言うならたとえば「ペマギャルポがチベット関係者面(まあ日本に帰化したとはいえ元チベット人ですが)しながら、南京事件否定論、河野談話否定論などのデマを流すことを批判しろよ」と思いますが、まあ批判しない、できないでしょう。
 なぜならダライ一味は「正義だの非暴力だの」全く信じてないからです。信じてないから「ペマが不正義に荷担してチベットの日本国内での評判を落としてること」を何とも思わない。
 「不正義でも強者ならつきあった方がお得」「今の総理は南京事件否定論とかに近い考えジャン」「歴史修正主義への荷担で、日本国内の歴史学者に批判されたって構わない」つうのがダライ一味なのでしょう。ダライ一味の偽善者ブリには反吐がでます。
 もちろん我らがI濱女史らも「そうだ、チベットは正義の側だ」と与太飛ばすだけで、チベットの不正義を正そうとはしないわけです。
 大体「CIAの支援でゲリラ戦やってた連中」が「非暴力は暴力に勝ちます」とは何かの冗談でしょうか。

チベット仏教の歴史は2500年ですが、中国共産党の歴史はたかだか100年です。

 やれやれですね。歴史が長いから偉いわけでもないし、短いからくだらないわけでもない。そんな事を言ったら中国だって「儒教の歴史」とかいくらでも古いもんを持ち出せるでしょう。チベット仏教の歴史は2500年つうのもおそらく「インド仏教から数えての歴史」であって実に眉唾もんです。ウィキペ「チベット仏教」「ダライラマ」から考えるに「チベット仏教が今の形で確立した=ダライラマ制度が確立した」のは17世紀初めのようですから「2500年」なんて「だぼら」「デマカセ」もいいところです。
 そもそも「元王朝時代から中国のチベット支配は始まっている」、つまり「中華人民共和国になってからチベット支配は始まったわけではなく」、当然ながら「中国共産党が下野したところでチベットが独立できるとも思えない」のになんで「中国共産党の歴史云々」と言い出すのか。

同化が進もうが、チベット人はチベット人です。漢人カップルもチベット高原で子供を生みますが、チベット人夫婦から生まれた子供より死亡率が高いことが研究の結果分かっています。漢人の遺伝子が高地に馴化するまで500年はかかるとのことです。

 まあ実にうさんくさい話ですね。「科学が発展した今時」高地だからと言ってそこまで死亡率に如実な差なんか出るんでしょうか。
 それが事実なら、中国人もいずれは「こんな住みづらい土地はごめんだ」といって出て行くでしょうから「自然に中国人もいなくなる」んじゃないですかね。ダライ一味が運動する必要は全くないわけです(勿論皮肉で言ってる)。

ソ連が崩壊することは誰も予測していなかったのに、ソ連は崩壊しました。
マンデラが23年もの間、牢獄入れられている時、彼が南アフリカの大統領になることを誰が予測していたでしょうか。
五年前にアウンサンスーチーさんが町中を歩くなんて考えられたでしょうか。

 やれやれですね。そういうことを言ったところで意味はないでしょう。すべきことは「どうチベットの現状を変えていくか」ですがまあ、こういう事しか言えないんだからダライ一味には展望も何もないのでしょう。

ダライラマが本来の座であるポタラ宮にお帰りになることがないとは誰がいえましょうか。
この次はチベットで、この次はラサでお会いしましょう。

「ラサで会おう」はともかく「ダライの帰国」なんてもはやあきらめてるだろうによくもまあほらを吹きます(苦笑)。それとも「今のダライ14世の生まれ変わりであるダライ15世や16世の時代には戻れるかも知れない」つう話でしょうか。

【追記】

 http://jinf.jp/news/archives/17902

ロブサン・センゲ中央チベット政権内閣主席大臣は1月13日、衆議院第1議員会館特別室で、国家基本問題研究所の櫻井よしこ理事長をはじめ企画委員らと、現在進行しているチベットをめぐる様々な取り組みについて意見交換した。

「正義」云々などと偉そうな事を言いながら「南京事件否定論」などデマを垂れ流す「不正義集団」国基研とつきあって恥じないのだからダライ一味には心底呆れます。ダライ一味には「くたばれよ、カス野郎」以外に送る言葉はないですね。

2015年10月 5日 (月)

今日も中国の悪口を言うウヨの女史

フィンランド人は何か日本人に自国民と共通のものを感じるらしい。クリスティーナ曰く「お魚が好きなところとか、言葉もフィン語はアジア系の言語なとことか」。というので、私が「でもやはり最大の共通点は、隣がやりたい放題の面積だけの大国がいることでしょう」と応じたらすごい受けた。

・今日も女史のエントリに突っ込んでみます。
・やれやれですね。フィンランド人のおべっか、つうか社交辞令を真に受けてるんだからいつもながらどうしようもないバカです。
・しかし女史の反ロシア、反中国はどうにかならんもんですかね。
 どの辺りが「やりたい放題」なのか。「スターリンのフィンランド侵攻」以外にソ連なりロシアなりがフィンランド相手にやりたい放題なんて事もないでしょう。もちろん中国にしたって「どこがやりたい放題なのか」て話です。
 そして、むしろ中国の方こそ「戦前やりたい放題ウチの国を侵略したのは手前ら日本だろうが、あげく南京事件否定論や河野談話否定論に好意的な男が首相ってどういうことだか言ってみろ」と怒り心頭でしょう。
・クリスチナ某は女史に調子を合わせてるだけでしょうが、女史のウヨ暴言に調子を合わせるなんて、あまり「知的な人間」とも思えませんね。
・なお、フィンランドというと日本では社民主義者によって「福祉が充実した社民国家(まあ、通常、スウェーデンやノルウェーとセットでそのように評価されますが)」として評価されますが「ウヨの女史」においてはそう言う評価をする気はないようです。まあ「東郷ビールとかデマ言い出さないだけ」女史はまともではあります。

2015年10月 1日 (木)

某女史のツィートにコメント

「ルートも駅の位置も全部同じで、違うのは金額の見積もりだけ。これは明らかに先行する日本案のコピーだ」
インドネシア高速鉄道:中国案、用地取得など波乱含み - 毎日新聞http://mainichi.jp/select/news/20151001k0000m030116000c.html

 毎日新聞に掲載された「中国に批判的なコメント」をツィートで紹介する女史です。さすがアンチ中国で頭がわいてるだけのことはあります。
 「コピーだ何だ」と言おうと日本が負けたことは動かしようのない事実なのですが。まあ、「毎日新聞はともかく」女史は「失敗を願ってる」のでしょうし、成功したらしたで「日本ならもっとうまくやれた」というのでしょうが。

ダライラマ13世のモンゴル蒙塵は、近代に入ってからの「宗教なんて胡散臭せー」という風潮から、モンゴル人から金を搾り取ったとか、現地のラマがぶんむくれていた、現地の王公が滞在費にねを上げたとか、否定的に書かれるけど、それって当時の空気とまったく逆の解釈なんだよね。今の見方偏ってる
 いやいや「モンゴル人から金を搾り取った」はともかく、「現地のラマがむくれてた」「現地の王公が滞在費にねを上げた」てのは何らかの根拠に基づく記述でしょう。
それを「学術論文ではなくツイッターとは言え」
近代に入ってからの「宗教なんて胡散臭せー」という風潮(俺注:そもそも、そんな風潮ねえだろ?)
に基づく見方とか「根拠レスで」放言できる女史の方が明らかに「偏ってる」でしょう。おそらく「当時のモンゴルにはダライに不快感を感じる人間もいれば、好意を持つ人間もいた」つう話でしょう。

2015年9月 5日 (土)

中国抗日戦争勝利記念式典についての某女史の感想

抗日ゆうなら、今の中国がチベットに対してやっていることが、かつて日本が中国や韓国にやったこととどう違うのか

 某女史のツイートです。つう事は女史も日本が中国や韓国に対してやったことはさすがに「侵略行為」と認識してるんでしょうか。それにしても
1)チベットを侵略する中国に日本非難されたくないとしか言わない
2)台湾も抗日戦争勝利記念式典をやってることを平然と無視
というあたり本当にどうしようもないバカ女です。

2015年7月29日 (水)

I濱エントリ「教科書内のチベット関連記事の変化」

 I濱先生らしいエントリではあります(リンクをはると「ストーカー行為だ」と発狂しかねない御仁が女史ですのでリンクは張りません。興味のある方はググればよろしい)。
 まあ、読む前から「ダライノーベル平和賞受賞以前=大して記述ない」「受賞後=若干増えて女史も喜ぶ」程度の話なんだろうと予想できますが読んでみます。
 まあ、いちいち引用はしませんが女史が「この世界史教科書で育つ子どもはダライ猊下を支持してくれるんじゃないか」とか抜かしてるのにはいつもながら呆れました(そう言えば今気付きましたけど、産経つくる会一味って世界史教科書は確か出してないんですよねえ。出して欲しいと思いませんし出す能力もないでしょうが。「世界史教科書で大嫌いな共産主義や中国を思う存分貶めたい」と言うウヨ的感情だけでは教科書は作れませんので。まあ今後も「出さない」つうか「出せない」でしょうが仮に出したら「チベット問題で中国を悪口雑言し、それを女史が褒め称える」というおぞましい光景が見られるのでしょう)。
 ダライ支持なんてないって、そんなこと。
 教科書記述は当然ながら単に「ダライと中国がもめてる」て書いてるだけですから。中国を応援してない代わりにダライについても応援してるわけでもなんでもないですからね(そもそも女史は教科書の影響力を過大評価しすぎですが)。
 つうか女史が「昔の教科書は共産主義、社会主義万歳だ」とか抜かしてて「ああ、この人やっぱウヨなんだ」と心の底から呆れましたね。まあ、「スターリン批判」「文革」「ポルポト」と既存社会主義国家の問題点がいろいろとわかりやすい形で出てくるにしたがって「記述も徐々に若干厳しいものにはなっていった」でしょうが、それにしたって「昔は共産主義、社会主義万歳」はないでしょう。
 なお、チベットについて言えば女史は何故か「昔の教科書は中国寄りでダライを糞味噌に罵倒してた」と妄想してるようですが、ご本人何一つ根拠をあげてませんから文字通り「反中国バカ、チベットキチガイの妄想」なんでしょう(せいぜい「チベットで反乱が起き中国が鎮圧した」程度の記述でしょうよ。まあそれでも女史は「反乱とは何だ!」と気にくわないのかも知れませんが)。
 正直女史みたいな人間をまともな学者として評価する気は俺にはないですし、この種のバカ女がでかい面してるようでは「日本のチベット支援運動」もお先真っ暗でしょう(毒)

2015年7月 1日 (水)

チトーを評価してるらしいI濱女史

女史のエントリからの引用。

今、マンネルヘイム(1867-1951)とダライラマ13世の1908年の五台山での会見について調べている。
(中略)
この人はユーゴスラビアのチトーとともに世界史で教えないとあかん人です。

 マンネルヘイムというのはソ・フィン戦争(ソ連・フィンランド戦争)で「ソ連の侵攻からフィンランドを守ること」に大いに活躍したフィンランドの軍人です。
 女史曰く一時は「ロマノフ王朝下ロシア(フィンランドは昔はロシア領だった)」で「ロシア軍人」として「チベットで暗躍していた」のだそうです。
 でマンネルヘイムは当時のダライ相手におべっか言ってたと。まあ、当時、英国とロシアはチベットを巡って争ってましたからね。マンネルヘイムがおべっか言うのも当然ですが女史は「さすがマンネルヘイム様、ダライ猊下のことをよく分かってらっしゃる」とか言っちゃうから爆笑です。アホと違うか、この女。
 まあそれはともかく
1)ダライ狂信者で
2)反共ウヨの女史がマンネルへイムを称えるのは分かります。
 良くわかんないのは反共の女史が「ユーゴのチトー」押しすることです。女史的にはチトーがソ連とやり合ったことが「チトー良くやった」と嬉しいんですかね?

2015年5月25日 (月)

I濱女史のチベット小説書評に吹いた

・ラジャムジャ著『雪を待つ』(2012年 勉誠出版 星泉訳)
  腹が立ったのは、ラストで元転生僧のニマトンドゥプが村に小学校を建てようとしたこと。これ、もし作者が明るい未来を暗示して入れた挿話なら、成功していない。だって小学校を建てるお金、ニマトンドゥプが村に伝わる古代の鐘を夜陰に乗じて盗み出し、売り飛ばして手に入れたもの。また、ニマトンドゥプは元僧侶なのに、寺院をたてるか、小学校をたてるかって時に、小学校を選んだのも、彼が(注:僧侶をやめ、寺院の盗品の故買屋になった事とプラスで、寺院を軽視してるという意味で)二度チベットの伝統を踏みにじったことになり、不愉快。

いやー、I濱先生らしくて思わず吹き出してしまいました。
「盗品売り払ったカネで善行しても偽善だよ」つうのはわかります。
「寺院建設と小学校建設だったら寺院建設が正義に決まってるだろ、お前もと僧侶だろ」てのはまるきり意味不明ですね。「I濱、お前どんだけ寺院好きなんだよ(苦笑)」て話ですよねえ。
 つうか小説て別にハッピーエンディングでないといかんわけでもないし、「小説内の登場人物の言動=作者の価値観」でも必ずしもないし。小説を読まないと何とも言えないですけど、「小学校を建てることが寺院建設より善だと作者は思ってるのか!(怒)」「盗品売り払ったカネで善行する事が善だと作者は思ってるのか!(怒)」てI濱女史はいつもながら気が違ってますね(苦笑)。
 つうか「寺院の鐘なんかうっぱらって小学校建設に使った方がマシじゃね?」てのは仮に作者の価値観だとしても一つの価値観であって別に「議論の余地のない悪事」ではないですよね。まあ、さすがに盗んでうっぱらうのはまずいですが(苦笑)。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー